Comments Off on 父の昔の借金話

父の昔の借金話

これは私が祖母から聞いた話です。私の父親は私が小さい頃に多額の借金をしていたようです。

何で借金をしたかの理由は「パチンコ」らしいです。父は仕事が終わった後や休日に、家族には言わないでこっそりパチンコ屋に行っていたそうです。
そして父はとても不器用な人間。日曜大工はおろか何をやっても上手く行かない手際の悪さの持ち主です。

そのような不器用な人間がパチンコで勝てるはずがありません。父は貰った給料の半分以上をパチンコに使っていたそうです。しかもパチンコで負け
続けるというオマケ付き。
そしてある日、父は祖母をこっそり自分の部屋に呼んだそうです。祖母が父の部屋に行くと父は神妙な顔をして「お袋すまない!お金を貸してくれ」
と言ってきたそうです。
祖母は「お金っていくらだい?」と聞くと父は「200万円」と言ったそうです。祖母は物凄く怒りながら「200万円って何に使ったんだよ」と聞
いたので、父がパチンコと答えると祖母は激昂して怒鳴りまくったそうです。

祖母は怒りながらも、父ともうパチンコはやらないという約束をして200万円を渡したそうです。父はどこの会社からお金を借りていたかは聞いていませんが、ちゃんとした会社らしいのでそこは良かったです。しかし父のお金遣いが荒いのは今でも変わりません。

お金を持ってると使いすぎてしまうらしいので、1日500円から1000円ほど母からお小遣いという形で、お金を貰っています。しかし1000円では足りない場合は、息子の私にお金を貸してくれと言ってきます。息子にもお金を借りるなんて呆れます。

昔の借金を時効にするには

About The Author